« 春はそこに | トップページ | 駐輪場 »

犬のマナーは

前回の活動報告です。

まず道路の清掃、次に植栽地の整備をしました。

フジバカマやキク、ホトトギスなど枯れた上部を剪定しました。下からはもうすでに新しい芽がたくさん出ています。

芽が出かけている植物には、園芸ワイヤーで囲いました。

落し物は、

タバコ、ガム、爪楊枝、レシート、袋、犬の糞、ビニール袋に入った犬の糞もありました。

犬といえば、毎回、犬の糞尿や侵入に悩まされていますが、

リードを放したまま散歩している犬が、植栽地に入り込んでいました。犬だけでなく飼い主も。植物の上で糞をさせていましたので、やんわりと丁寧に犬を中に連れ込むことをお断りしたのですが、飼い主の方は、犬の尿は植物によいと言いますので、お話ししても無理かと思い、「ご協力をお願いします」と頭を下げて失礼しました。

テッポウユリが2本折れてしまっている辺りが、この犬の入り込むエリアになっているようです。

犬のマナーに関しては、どこも頭を悩ましているようです。

一方的に注意するのではなく、あいさつしながらお話しをしていっても、全ての方が理解をしてくれるとは限りません。

狭い文京区、犬を放して走らせてあげられる場所はなく、犬もストレスかもしれません。

今週のはじめに、造園業者さんが清掃に入っていました。業者の方々は、草花を踏みしめながら掃除をしていました。昨年は、業者が入ったときに、ホオズキ、ハギ、スミレなどが抜かれてしまいました。

柵は、なるべくなら作りたくないところですが、犬や人、業者さんの侵入で、その度に草花が折れたり、抜かれたり、札が折れたりとしますので、設置したほうがよいのかどうかと悩みます。

トラブルを避けるために、犬の飼い主さんやタバコを捨てる人には話しかけず、柵を作ったり、灰皿を設置したりという対策を取るのでは、あまりに悲しすぎますが、コミュニケーションが下手になる一方の社会では、仕方ないことでしょうか?

次回は、2月11日です。

よろしく!

|

« 春はそこに | トップページ | 駐輪場 »

「道草」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99885/5264958

この記事へのトラックバック一覧です: 犬のマナーは:

« 春はそこに | トップページ | 駐輪場 »